ニュース

「ツギクル」ベータ版公開のお知らせ

AIを利用して小説作品の分析ができる Webサービス「ツギクル」、本日726日からベータ版をリリース

ソフトバンクグループでインターネットサービス事業および出版事業を行うツギクル株式会社 (本社:東京都港区、代表取締役:土橋 康成) は、小説を始めとするWeb上のコンテンツをAIを利用して分析し、作品の人気度などに応じて商品化していくWebコンテンツポータル「ツギクル」の提供にあたり、2016年7月26日(火)からベータ版を公開しました。AIを活用した作品分析の提供は、2016年秋の正式オープン後からを予定しています。

「ツギクル」はWeb発クリエイターの活躍が珍しくなくなった流れを背景に、作家などを目指すクリエイターに最新のIT技術による環境を提供しWeb上での創作活動を支援する目的で誕生したサービスです。Web上に自分のブログや小説などの作品があればどなたでも登録することが可能です。作品ページを「ツギクル」へ登録することで、アクセス数などの人気指標がランキングで表示されるほか、希望者には作品の構成要素、特徴、類似作品情報、文章の読みやすさなど、AIを活用した作品分析による創作活動の支援を予定しています。

また同時に、登録されたコンテンツの人気指標をもとに、次にくるトレンドを捉えた商品開発を行っていきます。

このたびのベータ版では、先行して小説とブログの登録受付を行い、2016年秋の正式オープン後からAIを活用した作品分析の提供を予定しています。

 

1.サービス概要

誰でも無料でWeb上の作品を発表(登録)したり、発表作品を閲覧できるサービスです。小説大賞の開催や、クリエイター自身による出版申請、小説作品のAI分析サービスなど、多彩なメニューでクリエイターの創作活動の可能性を広げ、作家デビューの機会を創出します。

 

サービス名称:ツギクル

ベータ版リリース日:2016年7月26日(作品登録受付開始)

正式オープン:2016年秋頃 予定

Webサイト:https://www.tugikuru.jp

Twitter公式アカウント:@tugikuru

サービス利用料:無料

(1)TOP画面のイメージ

(2)キャラクターの「ツギクルくん」と「クルミちゃん」がサービスをナビゲート

2.特長

(1)無料で小説やブログなどの作品発表や閲覧ができる

(2)ランキングで人気の作品は、クリエイターが自ら出版申請を行うことがで

きる

(3)小説大賞の開催(正式オープン後から)

(4)AI技術を組み込んだ作品分析サービスを提供(正式オープン後から)

※AIREV株式会社のテキスト解析エンジン (自然言語処理、機械学習、テキストマイニングなど)「Cohaku」の採用を予定しています。

 

■会社概要

商号:ツギクル株式会社

代表者:代表取締役社長 土橋 康成

所在地:〒106-0032 東京都港区六本木2丁目4-5

設立:2016年4月

事業内容:インターネットメディア事業、出版事業

株主:SBクリエイティブ株式会社

URL:http://www.tugikuru.co.jp/

 

商号:AIREV株式会社

代表者:代表取締役社長 林 佑磨

    代表取締役   森岡 幹

所在地:〒115-0042 東京都北区志茂5丁目13-16

設立:2014年10月

事業内容:自然言語処理、機械学習を核とする基盤技術・ソフトウェアの研究・

開発・販売

URL:http://www.airev.co.jp/